SHINKA(シンカ)プロフィール|メンズエステセラピスト協会

代表者:SHINKA(シンカ)プロフィール

佐賀県出身

メンズサロンを経営しながらエステサロンオーナーやセラピストに対し、メンズアロマ講習やその他のエステ講習などを通してお客様の心理を推察し指名やリピーターを増やし単価アップ、売上アップを支援する専門家。

メンズエステで、安全、高単価、高リピートを実現するための技術、接客、商品(オリジナルの施術メニュー)を総合プロデュースしている。

 

 

高校卒業後、着物を仕立てる和裁士となり22歳の時に全国和裁士競技大会でトップ15人に選ばれ労働大臣賞を受賞するなど活躍。その後、育児、仕事、実家の手伝いが重なった結果体調を崩し1年間仕事を休むことがきっかけで自身の生き方を考えるきっかけとなり興味のあったエステ業界に転身。当初はブライダルでの花嫁着付けや女性向けエステサロンで仕事するも技術や専門的な経験の少なさから自信がもてず、目の肥えた女性のお客様に腕を見抜かれてしまうのではないかなどと思い、やりたかった仕事が楽しめてないことに気づく。

そんなとき、知人に誘われメンズエステの業界を知るも「怪しい世界だな…」と断り続けたが収入の為と、この業界に入る。はじめは一部のお客様から風俗的なサービスを求められることもあり、自分が考えていたメンズエステとの違いに悩みストレスも強かった。

もう辞めようと考えてたときにお客様から「ほんのひとときいろんなことから解放された時間だった。また頑張ろうと言う気持ちになったよ」と涙されて私が想うメンズエステの技術と接客を作り上げてみようと決断。


どうやったら安全にトラブルなく働けて単価をあげられるのだろうと8年間、試行錯誤しながら独自のノウハウとスキルの開発を行ってきた。その結果、リピート率7割 客単価18000円以上を維持し続けるサロンへと成長。

現在はメンズ業界で仕事をしたくても正しい知識や技術を学べないというセラピストや売上アップのノウハウがないというサロンオーナーに対し自身の経験を元にした成功方法を伝えている。

日々、社会で頑張っている男性にも体や心をリセット出来る場所が必要。そのためには満足できる技術や接客力を身につけたセラピストを育成していきたい。そして、メンズエステで働くということがステータスになる社会を創りたいとの思いで活動中。

協会への想い

自分の仕事を堂々と家族や友人に伝えられない

これは数年前まで私が悩んでいたことです。

  • どうやったら、セラピストとして堂々と話せるようになるのか?
  • どうやったら、安全にトラブルなく施術を行えるのか?
  • どうやったら、風俗的な広告以外で集客できるのか?
  • どうやったら、理想の顧客だけが集まるようになるのか?
  • どうやったら、高単価でリピーターになってもらえるのか?

そう考えながら、8年間、試行錯誤を続けながら独自のノウハウを開発してきました。

8年の試行錯誤の結果、今では私一人でも売上は、最低でも月100万円(前年比200%アップ)。顧客単価は、18,000円以上(前年比150%アップ)、リピート率は7割強をキープという成果を出し続けることができています。

また、以前は年末年始しか休めなかったのが、今では月に5日は休みを取れるようになりました。

しかも、「風俗的なものを匂わせる必要もなく、お客様と信頼関係を築きながら」です。

ただ、、、残念ながら、私の周りを見渡すと、メンズエステの数は年々増えていますが、同時に廃業も増えています

技術をきちんと学ばずにこの世界に入って、トラブルになっているケースもたくさんあります。

売上を上げるために、風俗的な要求に答えてしまう方もいます。

女性向けから男性向けに転身した際、どう接客をすればよいかが分からず、戸惑ってしまう方もいます。

そうやって、この世界での仕事に疲れて辞めていってしまうセラピストをたくさん見てきました。

 

これでは、メンズエステの業界はいつまで経っても、怪しい業界という認知のままですし、そこで頑張っているセラピストさんたちが、胸を張って言える仕事にならない。と危機感を持っています。

だからこそ、私は、働いている人が胸を張って「メンズエステで働いている」と言える業界にしたい。

正しい技術と対応力で安全に、売上があげられるセラピストを増やしたい。

低単価、低売上で苦しんでいるセラピストが、メンズエステの業界で稼げるようになってほしい。

 

そう考えて、今はメンズエステサロンを経営しながら、そこで得た技術やノウハウ・経験を、低単価や売上減少で悩むサロンオーナーさんや、セラピストさんにお伝えしていたいと考え、この「メンズエステセラピスト協会」を立ち上げ、日々活動をしています。